メニュー
ア ルバム その他1        GPS ゲーム
  GNSS(GPS、GLONASS等)

etrex30x
 写真のような専用受信機をお持ちであってもなくても、お手持ちのスマートフォンなど携帯デバイスにGNSSアプリをインス トールしましょう。そうす ることで道迷い事故の多くを救える。YAMAP、ヤマレコ、スーパー地形、山旅ロガー&地図ロイ ドなどが有名どころです。 (GNSS: Global Navigation Satellite System アメリカのGPS、ロシアのGLONASS、EUのGalileo、中国が全地球に展開している。日本のみちびきQZSSは地域系衛星)。
 スマートフォンのロック解除を山登りの時だけ単純化しておけ ば手袋でも操作が 容易になります。冬の少し高い山などの山行記録を見ると軌跡が飛んでいるものが結構あり、携帯電話圏外による通信用電力やGNSS アプリ消費電力を減らすために、機内モードや省電力モードに設定したためと推察します。こういうとき専用機は面倒がなくて強 いです(写真のもの は単三電池二本で25時間使用可能という)。
 私の古いスマートフォンをGNSS専用機としてみました。結 果、機内モー ドで5時間使用して電池75%に減ったので20時間は使えそうです。電源ボタンだけでロック解除にしておけば専用機に近い使い心地(セキュリ ティーは降りたら設定し直す)。モバイルバッテリーは必携。

1.YAMAP、ヤマレコ、スーパー地形、山旅ロガーと地図ロ イドを比較 (2021年時点の有名オフライン地図)
 どれも無料の場合は制限があり、有料で使うならどれが自分に適するか比較するために表を作ってみました。
 天気の良い有名な山を歩くなら現在位置さえ判れば十分ですが、冬道(一般道と異なる)を行く場合とか薮山へ分け入るとか気 象がエクストリー ムだとかニーズは様々であり、山行に応じた最適装備とすべきでしょう(解は一つではない)。また、現時点では国土地理院の地形図が更新され ておらず登山に使えない箇所が多々ある点が背景にあり、GNSS軌跡のビッグデーターを用いて登山道を修正する試みが進行中 です。

項目 YAMAP ヤマレコ スーパー地形 山旅ロガーGOLD
費用 年額3,480円、月額480円 年額3,400円~、月額550円 年額750円 550円のアプリ買い取り制
オフライン地図機能 〇コースとタイムが表示され計画しやすい 〇みんなの足跡が参考になる 〇国土地理院の傾斜(雪崩)地図なども表示可能 〇設定によりヤマレコの「みんなの足跡」も表示できる
SNS機能 なし あるけど知名度低い

・YAMAPとヤマレコは地図だけでなく山友達向けサービスも提供しており写真と軌跡の関連付けも自動、料金はサブスクリプ ション。
・スーパー地形はkashimir3Dで有名な杉本さんが提供しており、地図としては最高だと思います。年会費もお得感が高 い。
・山旅ロガーGOLD&地図ロイドはロガーのみ有料で「買い取 り制」 がうれ しいです。無料版でも軌跡が自動追尾しないだけで地図に制限はありません。設定により地図を追加できる点もうれしい。アプリ は同じアカウントであれば複数の端末で使えます(アカウント確認には時間がかかるので別端末にインストールするとき再購入し てしまわないよう待つ)。
・山と高原地図は紙のものを購入しており、アプリはチェックで きていませんが、 現地調査している点が安心です。但し田舎の山は対象外が多いです。

2.私はどれを選択したか
 山旅ロガーGOLDを購入し地図ロイドと併せて使用しています。上の写真のGPS専用機も併用しており、紙の地図は出し入 れしにくく使わなく なってしまいました。専用機の画面が小さく地図データも国土地理院地図に比べて精密さで劣ります。有名な山ならともかく上部の雪崩れそうなところや何番目 の尾根だとか十分判別できないため、スマートフォンの圧倒的な情報提示力(紙の地図並み)も併用して不稼働率を下げていま す。設定により地図ロイドにヤマレコの「みん なの足跡」をオフラインで表示でき、 冬道等の参考になります。別途、登山SNSも無料の範囲で自宅のPCからやってみており、結局どれも利用しているような状況です(おかげでHPの更新がで きないです)。

Garmin
Garmin製はビットマップ地図をカスタム地図として表示できる。
スマートフォン
地図ロイドは設定によりヤマレコの「みんなの足跡」を表示できる。
 上記のようにして十分な機能を手に入れることができました。傾斜図(雪崩用)まで出るアプリはスーパー地形で、機能的には 最高なのですが、ルート検討は山行前に行うので、紙やWebベースで行い、現地では等高線で確認です。
(どちらも地形図は国土地理院を使用)

 1台目のGPS受信機を購入したころは地図など表示できず、予定コースを入れておき外れていないかの確認用 だったのに、今や地図代わりが当たり前の時代 となりました。写真左のようにGNSS受信機へカスタムマップを追加でき、kashimir3Dのマップカッターでタイル化すればUSB経由でビッ トマップ型の地図として表示できます(欧米用の機種にも日本語カスタム地図が絵として表示できる)、ただファイ ルサイズは数MBまでなので、山行ごとに入れ替える必要があります

3.GNSS専用受信機とスマートフォンの精度比較
  下の図でGNSS専用機が緑の線、スマートフォンが赤の線です。山影となる斜面ではスマートフォンの方が誤差 が目立ちます。これは機種にもよると思いますし、今回はオフラインなのでA-GPSが働いていないせいもあります。更にス マートフォンの温度を保つためにポケットの中に入れていたため、外気にさらしていた専用機よりGNSS電波状況の悪い場所に なってしまう点も影響していると思います。
比較
(地形図は国土地理院より)

4.エクストリームな場合
 写真の専用機が-20℃まで動作する仕様で、レスキュー仕様もあり山行の仕様に従って選定となるでしょう。スマートフォン は一般的にシェル の内側に保温となりますがMIL-STD-810準拠のものもあるようで、Low Temperature/Temperature Shock/Ice/Snow/Altitudeなどのできるだけ多くをクリアしたものが良いと思います(あるのかな?Dust/Rain/Shockな のかも)。

5.国土地理院の等高線に敬意
 ガスや薮により地形の見通しがないことがあり、地形図と現在地および方位の情報は重要です(紙とコンパスだけでは無理)。 以上のように比較してきたことで、国土地理院地図の等高線に作成者の熱い思いが感じられます。OSM地図の等高線にはそこま で読める情報が無いです。


1999年から更新してきた古い記事には詳細な事を記載しています、こちらからどうぞ

国土地理院 http://www.gsi.go.jp/
(1/25,000地図公開 http://watchizu.gsi.go.jp/
YAMAP https://yamap.com/
ヤマレコ https://www.yamareco.com/
KASHMIR 3D http://www.kashmir3d.com/
スーパー地形 https://www.kashmir3d.com/online/superdemapp/
山旅ロガーGOLD https://play.google.com/store/apps/details?id=com.kamoland.ytlog_g&hl=ja&gl=US
to Home