Home 丹沢・ブロッケン 沢・スキー・テント 写真集・その他・横顔 リンク・掲示板・バックナンバー BB! アルバム その他1        GPS ゲーム
  自作ゲームの紹介

 このコンテンツはコックちゃんを始めた頃、ネタを増やして注目度を上げようとして作ったものですが、山や自 然を好きになるコンセプトと照らし合わせると多少的外れか思います。

JKP (C)1982-2003,4



引き分け

<<2003年>>
 左の画面の下に「Java is Active.」と表示されていれば使えます。表示が無い場合はブラウザの設定でJavaを有効にしてみてください。

 今年は雨と仕事のため、帰省もできず、山へも行けない夏だった。お金が無いので買い物もできず、今まで新しいプロ グラミング言 語の練習に作ってきたJKP(じゃんけんゲーム)をJavaAppletとJava Scriptで作ってみた。UNIX,Linux,Windows,Macのどれでも使えるはずです。
 実は先にJava Appletでフル機能を作成し、対戦データの保存・読み出しもできるようにしたのですが、いざWebページで使おうとしたところ、JRE (Java実行 環境)をインストールしたマシンは2003年では一般的ではなく、しかもプラグインが8MBと大きくて、簡単にダウンロードでき なかった。という訳で、Web上でのデバグは未完。JavaScriptでこのように作り直して3日間の夏休みは終わった。

 このプログラムはかなり強いんです(最低100回程度はボタンを押してみてください、200回程度で実力を出してきます)。 1982年当初は現在より分析が深い(1000回で勝負)バージョンに誰も勝てなくて面白くなく、学校で誰もやらないゲームに なってしまった経緯がある。
 原理は互いの手をマルコフ過程として記憶しながら、次の手を推定し、これに勝つ手を出す。ファイルへは勝敗データだけでなく、 過程情報も記憶し、チェックサムで簡単なファイルデータ保護を行う。この版は「Cookie enabled.」と表示されていればcookieへ記憶しています。表示が無ければクッキーを有効にしてみてください。
貴 方の手筋分析

点数の初期化

<<1999年>>
 自作で面白いゲームを作ろうとしても難しいものですね。作者のセンスはもちろん、ゲームの複雑さはプログラミングとデータの質と量に比例する面があり、私が 暇を 見つけて作れるものは、私が子供の頃流行ったものよりシンプルなものに限られます。今回紹介する「Pockemo」は子供からモンスターを戦わせるゲームマシンを ねだられて、「おもちゃは買うばかりでなく、作るという方法もあるんだぞ。」と言ってしまったために作ったものです。数週間はこれで遊んでくれました。

 特長は自分で怪獣を作ることができること、フロッピーディスクにコピーして、友 だち の怪獣と戦わせる事ができることです。タイプ間に得手不得手があり、相手のタイプを見て手持ちの怪獣を選びましょう。攻撃は3種類あり、相手の高さや重さに応じて 最適な攻撃を選びましょう。戦ったら経験値が増えるので保存しておきましょう。

◆動作条件
実行ファイル(Pockemo.exe)は55kbyteと小さいのですが(プログラム規模が小さいもので...)、DLLなどを含んでいて全体は大きく て申 し訳ありません。
Windows98(R)上で動作しています。もちろんWindows95(R)でも動作するはずです。画面は640×480ピクセル以上、CPUは 100MHzもあれば十分です。ウイルスチェック済。

◆インストール方法・使い方
ダウンロードした「pkm10.exe」を仮のディレクトリへ保存し、ダブルクリックしてください。解凍先を仮のディレクトリへ指定してください。解凍が 終わ ると「setup.exe」が実行されます。インストール先を指定して完了です。サンプルとして2つの怪獣と、ご自分で怪獣の絵を書く場合の白紙が添付されて います。 使い方は「pockemo.exe」をダブルクリックして起動、あとは「せつめい」メニューを選んで表示される説明をお読みください。

◆ダウンロード(コンピュータウィルスが猛威を振るっているためダウンロードを中止しました)

◆その他
圧縮・解凍には大竹和則さんのLHAユーティリティ32、吉崎栄泰さんのLHAを使わせて頂きました。

to Home