Home 丹 沢のページへ
  丹沢概要

 丹沢は関東平野から見ると富士山の左手前にある山並みです。 これと いって個性の強い独立峰もなく、ブナ林に覆われた、静かな登山道が整備されています。

有名な登山口(南側)
・小田急線の伊勢原から大山(ケーブルカーあり)
・秦野からヤビツ峠(大山、表尾根)
・渋沢から大倉(塔ノ岳など主脈縦走)
・松田(JR御殿場線と小田急線)からファミリー ハイキングに良い高松山、大野山、不老山、丹沢湖、中川温泉
・松田からバスで西丹沢自然教室下車、檜洞丸、畦ケ丸、大室山
 丹沢は名前のとおり沢や滝(棚)に恵まれています。
 写真は西沢・本棚沢の本棚(落差70m)。豪快です。西丹沢自然教室から登山道を30分、道から外れて沢沿いに踏み跡を歩け ば、容易にたどり着けます。

高精細 BB!ブロードバンドへ

 岩のゲレンデもあり、アルパインやフリーのクライマーが、 よく練習に 来ています。写真は広沢寺(こうたくじ)の岩場、早い者勝ち。

 沢登りが盛んです。支点には次々とシュリンゲがかけら れ、入渓者の多さを物語っています。人気のルートでは順番待ちの列ができます。
 沢のページへもどうぞ

 そんな訳で、丹沢には元気な夏が、お似合いです。

しかし夏は沢を登らないと暑い。
尾根歩きなら、春や秋が最適です。
天気がよければ、冬も陽だまりのコースを楽しめます。

 慣れれば日帰りでの水消費は少なくて済むが、帰ってから回復するために存外摂取している。1泊する場合は、その分まで必要にな るため、水場や、冬なら雪を溶かして水を手に入れよう。






 
 

 鹿は人通りが多いと登山道から離れていますが、人の少ない時 にはよく 見かけます。静かな時期や奥地に出かけてみてください。

高精細 BB!ブロードバンドへ

 鹿から植林を守るため、柵が多く、登山者は戸や梯子を使って 行き来す るところもあります。戸はちゃんと閉めて協力しましょう。

 丹沢の中でも大山は、どこか遠くへ旅行にでも出かけた気分に なりま す。ケーブルカーに、お店もあり、ファミリーで楽しめます。

 大山は、ケーブルカーを使わずに登ると、男道と女道に分かれ ます。男 道は急で ドライなだけですが、女道は歩きやすく、休憩がてら七不思議を楽しみながら登れます。
 写真は七不思議の一つである潮音堂。弘法大師との縁が深い。

丹沢湖(人工)。ボートも貸してもらえるようです。

熊笹のトンネル(表尾根・二ノ塔)。

ブナの巨木(丹沢山)。

黄金色に染まる登山道(鍋割~雨山峠)。
一泊で遊ぶ秋の夕暮れ。

丹沢からは大島・千葉方面だけでなく、三島方面の海も見えま す。

竜ケ馬場にて。

霧氷(蛭ケ岳付近)。
蛭ケ岳から檜洞丸の積雪期はこちらへ。

吹き溜まりは意外に深い(表尾根にて)。
 しかし雪が止んだ休日には、大抵しっかりトレイルができるので、ずいぶん楽に歩ける場合が多い。

 アイゼンは4ツ爪のものを良く見かけます。登山道では、踏まれて固まったり、日中に解けて固まったりして氷状になる部分があ り、持って行く事をお勧めします。
 悪い例として、アイゼンなしで行った檜洞丸から犬越路の間は、急なうえに凍っており、鎖場の方が確実に下る事ができたくらいで す。



不老山から。
隣の大野山では乳牛を放牧している。

東海自然歩道を西へ歩くと、山伏峠から山中湖へ出られる。

道志川方面の バスが少なくなってしまったが、東京から車を使えば自然歩道が通る焼山、大室山、菰釣山などが近い。

丹沢の北西には御正体山、丹沢の東には仏果山などもある。
免責  コッ クちゃんを参考にされる場合は、ご自身の責任でリスクを管理してください。いかなる結果についてもコックちゃんは責任を負い かねます。
to Home