Home 丹沢・ブロッケン 沢・スキー・テント 写真集・その他・横顔 リンク・掲示板・バックナンバー BB! 山登り:  丹 沢  高原  高 山  現象  積 雪期  山と安全
  奥穂高岳 積雪期のペー ジへ

2008年5月、GWに奥穂へ行って来ました。

 夜行便が予約できず、 朝の便で上高地入りしたので、涸沢に着いたのは、ほとんど日没でした。

 上高地から徳沢までは雪がありませんでしたが、横尾を過ぎた林間から残雪の上を歩きました。南西にある低気圧により涸沢手前で ガスがかかりました。 横尾からは下山パーティー1団とすれ違っただけで、ほか誰とも会いませんでした。

翌日は、日の出から午前9時半まで晴れました。

ザイテングラードを登り、涸沢を振り返ったところ。
アズキ沢側は、日が昇って雪が緩むと、ザーザーと雪が流れました。

白出のコルにある穂高岳山荘に到着。
涸沢岳はまだ晴れていました。

奥穂へは山荘脇の急斜面を通過します。
梯子のすぐ上は日陰でクラストしていました。岩とのミックスでホールドは多い。

 左上に向かって涸沢側の雪庇に注意しながら登りました。
 右側の登山者が登っているルートは、物足りない人がつけたものらしい。

梯子を登り、凍った部分より上にあるビレー点(捨て縄)から 下 を撮影。凍った部分は写っていませんが、下る場合はクライムダウン必要。

涸沢側のルート。
斜度は楽になる。

梯子右手のルート(下に滑落防止の針金がある)

 よく事故の話を聞きますが、好んで行ったのか、わからずに行ったのか、ルートを誤ったのか。 涸沢側を基本ルートと考えたいです。

あとは奥穂へ向かう快適な登山道です。
右手の登山者がいる部分でピッケルを使う程度。

ジャンダルムの向こうにも足跡が見えました。


白出のコルへ戻り、涸沢岳へ。
すでにガスがかかり、雷鳥の声。


涸沢へ向かいました。 北穂沢ほど急ではありませんが、雪が緩んで、尻セードは止まらないし、雪は流れるし、あなどれません。

テントで一寝入りすると昼過ぎから快晴になりました。テントの数は2~3倍に増えました。

日が沈み、星が見え始めました。
涸沢小屋の明かりと、左上にはテント村を撮影しようとする人のライト。

ISO1600相当、F5、15秒露光
BB!高精細画像 BB!BB!のページへ


 下山の際、凍って匂いすらない世界に、春の暖かい風が草木の香りを運んでいました。
 でも徳沢から明神に近づくと、自分も放っているだろう以上に、オヤジ臭や、タバコ、化粧品、食べ物、お酒、まるでお祭りの匂いを薄めたよう な人の臭いが鼻に付いてきました。
幻滅。


to Home