Home 丹沢・ブロッケン 沢・スキー・テント 写真集・その他・横顔 リンク・掲示板・バックナンバー BB! 山登り:  丹 沢  高原  高 山  現象  積 雪期  山と安全
  北穂高岳(北穂沢) 積 雪期のページへ

2005年5月、GWに北穂へ行って来ました。

上高地から徳沢までは雪がありませんでしたが、横尾を過ぎた林 間から残雪の上を歩きました。

写真は涸沢間近のデブリ。巻き込んだ土砂だけでなく、周辺の雪も黄砂でかなり色付いていました。

晴れた涸沢の朝。

北穂。
右手の北穂沢を登りました。


テント場を振り返る。

東稜が大きく見えてきます。



振り返ると写真でも傾斜を感じます。

もう少しです。
かなり傾斜が急になってきます。

午後は、緩んだ雪がずり落ちたりしてきますので、早出して、早く帰るのが基本だと思います。


コルに出ました。
写真は北穂高岳北峰。

北穂高岳南峰へ向けてザイルで登りました。
振り返ると北穂沢を登る人たちが見える。

【注意】ビレーをしている人に声をかけないでください。基本的に目を離すことができませんので、会話はできません。


北峰側から東稜。クライマーが小さく写っています。

この日は降りてから涸沢小屋のテラスで長い間のんびりしまし た。ここからの眺めは大好きです。

テントに戻り、就寝。
LEDランプの普及で、テント場の夜景に鮮やかな青色が混ざっていました。

to Home