Home 丹沢・ブロッケン 沢・スキー・テント 写真集・その他・横顔 リンク・掲示板・バックナンバー BB! 山登り:  丹 沢  高原  高 山  現象  積 雪期  山と安全
  宝剣岳(中央ア・木曽駒) 積 雪期のページへ

2005年4月、宝剣岳へ行って来ました。

バスとロープウエイを使って降りると、この風景から始まりま す。いきなり核心部です。

誰でもここまで来られるので、指導員はしっかりチェックしておられました。我々も雪の状態を聞き、単独やボディービレー禁止の注 意を受けました。

右手のカールを登る。けっこう急。

コルへ到達。

宝剣岳を見上げると、なんでもないように見えますが、

北側の沢に向かって滑落したら、おしまいです。

何人か様子を見に来ていましたが、この沢のトラバースを見ると戻っていかれました。ビレー無しなら正しい判断です。
沢上部の斜面はクラストしており、アイゼンの歯が効くものの、 あまり深くは刺さらない。やはり要ビレー。
(この日は風もなく、行けば行けてしまうのですが、天候や凍り方しだいでは危険です)

稜線へ出て、木曾駒・御岳方面を振り返る。

稜線を詰める。
一部に夏道をたどるトレイルがあったが、積雪期はこちらが正しいそうです。

てっぺんの岩に、少しエビの尻尾がついていました。春とは言え ど、さすが3000m級。

てっぺんの岩から御岳方面。
下にあるのは祠かもしれません。


空木岳方面。
すこし下ってみましたが、同じような難易度で、後で指導員と話したところ、同様に縦走できるそうです。

この日はロープウエイ駅まで帰ってから、持ってきたスキーを楽しみました。

to Home