Home 丹沢・ブロッケン 沢・スキー・テント 写真集・その他・横顔 リンク・掲示板・バックナンバー BB!  沢登り  山スキー  XCスキー  キャンプ  潜水
 葛葉川流域 沢のページへ 

葛葉川本谷は別のページとなっています。このページに は堂屋敷沢滝の沢を掲載していま す。
小田急秦野駅から菩提方面へのバスに乗り、菩提原で降りると、葛葉川の西側となります。葛葉川沿いに歩けば入渓点になります。
堂屋敷沢

新田から林道を更に奥へ入り、沢に沿って入渓点を探します。
最初は堰堤がありますが、沢らしくなってきます。


かなり小ぶりな沢で、狭いです。

木が侵食されて、先が細くなっていました。

この滝の大滝。
チョックストーンを持ち、この時は登れずに巻きました。

沢は岳の台まで続いていますが、今回は途中の林道から東へヤビツ・蓑毛方面のバス路線の停留所を 探しました。
滝の沢

新田の近くから入渓します。
写真はF2くらいだと思います。

名前の通り、小さい沢にしては棚の多い沢です。

F4(不動の滝)だと思います。




林道を通り抜ける。

林道からの落し物が多く、自動車も落ちていました。



水が涸れ、チョックストーンの涸滝。

このまま詰めて風神のコルの近くへ出ました。



to Home