Home 丹沢・ブロッケン 沢・スキー・テント 写真集・その他・横顔 リンク・掲示板・バックナンバー BB!  沢登り  山 スキー  XCスキー  キャ ンプ  潜水
  新茅の沢、モミソ沢 沢のページ へ 

丹沢・水無川流域、新茅ノ沢とモミソ沢です(2007年11月)。
水無川の本谷と同じく、戸川林道を行くと、新茅の沢の案内カンバンがある橋にたどり着きます。

たいてい、写真左手前のスペースに車が留まっていて、モミソ沢の懸垂岩や大滝を行く人たちが年中います。今日も懸垂岩は先客があ り、新茅を登ってから降りて再び訪れました。

モミソ岩
懸垂岩
本谷側へ下ると対岸にあります(新茅の沢とは反対方向)。


BB!高 精細画像(ルート研究用)
BB!ブロードバンドのページへ

新茅の沢は、橋のすぐ下から入渓する。両岸が迫り、茂った樹木 で非常に暗いのが特徴です。

すぐに小滝。
F1
すぐにF1
向かって左(右岸)から登れる。少し凹角に登ると良い。
向かって右の方も登り易い。下る時にも使える。
F2
またすぐにF2
向かって左の下部から水しぶきを受けて登る。
しかし上部が怖い。
支点が設置されています。

F2上部。
乾いた部分はホールドが乏しく、バランスが悪いので、落ちそうです。
思い切って濡れた部分と、水流中のホールドも使うとバランス良く登れます。
F3
F3
向かって左を登る。
F4
F4
簡単に登れる。

ここから少し歩くと・・・
F5
F5
大滝です。左右どちらからも巻けます。

中間までは何とか登れますが、2/3のあたりで、かぶり気味となり、私にはフリーで突破できません。支点を利用してA0と言われ ます。
それには時間がかかり、水もかぶるので体温を奪われます。だからでしょうか、雨具で登る人を見受けます。

水流右手の拡大写真↓で研究して下さい。
BB!高 精細画像(ルート研究用)
BB!ブロードバンドのページへ
F6
大滝までで引き返し、懸垂岩へ行く人が多く、ここまでの棚には懸垂下降用の支点が設置されていま す。

では更に遡行しましょう。
F7,F8
F6とF7

F8
F9 F9
向かって左が楽。

砂防ダム
ここから水が涸れて伏流となるが、もっと上で水が現れます。
地下足袋の人は、まだ履き替えないほうがいいです。
F10 F10
このあたりから水が出てきます。

チョックストーンの涸棚
中央を突破するシュリンゲがありますが、厳しく、落ちたら危険です。
向かって右斜めへ抜けられますが、バランスがけっこう難しい。離れた足場を右へ蹴りながら登る。


ルンゼ状の沢を詰めると、山頂が見えてきます。
ここまでは凹角登りが効く。腕も突っ張るので、長い距離でくたびれた。
烏尾山
烏尾山へたどり着きます。

モ ミソ沢

水無川をはさんで新茅の沢の反対にある懸垂岩のすぐ左手に流れ る細い水流がモミソ沢です。
水流が少ないので、懸垂岩と同じくアイゼン訓練によく使われ、アイゼン跡が見受けられます。

全般に狭く、細かいホールドがたくさんあり、簡単に登れます。
行程中ほどのF2が高さ10m程度で登り応えがあります。
アイゼンの場合、ビレー無しでは怖く、私は外して登りました。
モミソ沢大滝
写真は最後の大滝F4。
逆層でも下部は登り易いのですが、上で詰まります。そのため事故が多いそうです。落ち着いて、直登せず、向かって左へ逃げれば登 れます。

行程が短いので、物足りない場合は、
(1)懸垂岩の後にモミソ沢を行く。
先客がいて懸垂岩を使えなかった場合は、
(2)新茅の沢F5で引き返してモミソ沢
(3)モミソ沢を登って小草平の沢をザイルで下る
などで充実した内容になるでしょう。


to Home